JMN君の債務整理物語!大阪から伝わる魂の借金

JMN君の債務整理物語!大阪から伝わる魂の借金

大阪は東京に比べると闇金とか消費者金融業者の印象が強い。特にミナミのソエモンチョウとかはっぽさがかなり出ているよね。

 

 

 

ホストクラブも大量にあるし、夜系の店も沢山ある。だからこそお金の動きがすごく早い。

 

 

 

お金は回り続けるが、人は変わり続けるそれが都会の宿命でもある。

 

 

今回のお話しに出てくるJMN君は夢を見すぎた。普通の田舎から大阪に出てきて一発を当てようとしてしまい借金まみれになってしまう。心が純粋な人ほど都会に打ちのめされる。

 

 

これがその任意整理体験談

 

 

 

人を使うようになれば生みだすマネーも変わる。客観的に物事を感じるようになってから変わるようにはなるけど、2000はちょっとやりすぎた感があることも否定できないなと。

 

 

それなら1500に×350にしてってことも考えたけど、結論には至っていないからな。

 

 

後は用意できる資源にもよって変化するだろうか。

 

 

 

 

芸能界のように生き残りをかけた激しい闘いが繰り広げられるのだ。仕事だと割り切れる人も少ないし。

 

 

 

小学6年生の時、夏休みの宿題の中に選挙ポスターがありました。私はあまりポスターを描くのが得意ではなかったのですが、その時はなぜか急にアイデアがひらめいたのです。そのため、1時間程でサッと描くことができました。そして夏休み明け、その選挙ポスターを提出しました。

 

 

 

 

その後、その選挙ポスターを描いたことをすっかり忘れていました。しかし、10月のある日、いきなり先生から今日の朝礼で表彰式があるから前へ出るようにと言われたのです。夏休みに提出した選挙ポスターが市で優秀作品に選ばれたのだそうです。

 

 

 

それを聞いた時は、自分でも驚きました。選挙ポスターを描いたことすらすっかり忘れていたので、最初は何のことを言っているのか分からなかったぐらいです。しかし、徐々に夏休みの記憶が蘇ってくると、描いたポスターの絵を思い出しました。あの時は、珍しくいい案が浮かんだことも思い出しました。自分では、なかなか人が思いつかないようなデザインになったと満足した構図だっただけに、他の人にも評価してもらえて、とても嬉しく思いました。まさか、苦手な美術系の分野で表彰されるとは思ってもみなかったので、かなり自分に対しての自信に繋がりました。
このことがあってから、絵を描くことが好きになりました。

 

 

私は3年前に実の父を病気で亡くしたのですが、3年経ちますと気持ちの整理もしっかり付きまして
また新たなる人生に向かって進んでいるわけですが、これまでの自分を振り返ってみますと
3年前以前の自分と現在の自分がずいぶんと変化をおこしているなあと自分なりに感じております。
それはどういったところに感じるかと申しますと、なんとなく実の父とそっくりな考えになってきているということなんです。おかしないい方ですが、父が私の中に入っているくらいに感じているんです。

 

 

本当に不思議です。例えばものの見方考え方などがそうです。性格的なものと言いますと親子ですからにているのが当然なんことだとは思いますが、あまりにもそっくりに近いくらいの感じですから驚いているんです。親を亡くしてみるとこんなふうになるんだなあって実感しております。親子とはそういうものなのでしょうか?なんとなく神秘的にも感じますし、現在生きていることの大切さと重みを痛感させられます。当たり前と言えば当たり前のようなこなのですが、人間が一つの区切りを越えて、再スタートを切る時と言いますのは、先祖のバックアップをうけることでもあると考えます。我々の先祖もそのようにして

 

 

 

生き抜いてきたのだと思いました。生きていることに感謝したいと思います。

 

 

 

不倫をしたい

 

 

不倫をしたいと思っても正直遊ぶお金がなければ不倫もできないのが現状。

 

 

どうやったら種銭を作ることが出来るのか?ハッキリしているのは労働収入を増やしてお金を稼ぐコツ的な部分も身につけなければいけないのかなと思う。